• -------- (--) スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2008-12-24 (Wed) クリスマスがやってくる
  • どーも~、甥姪へのクリスマスプレゼントに迷う真犬です。
    今回はリリカルなのはA'sで旅立ったリインフォース・アインスネタで文章を書いてみました(正確には書いていた)。
    絵も付けるはずだったのですが……時間調整が上手く出来ず描く時間がありませんでした。力不足。

    ということで、以下。

    <夢路 祝福の風>

    思い出せないほど昔に生まれ
    永い刻を生きて 多くの人生/生命を見た


    そして……あの日からどれだけの刻が流れたのか


    旅に出た私は 夢を見る
    懺悔の日々 巡礼の夢
    それは過去の夢/亡霊か
    喰ってきた主たちの声か


    いつまでも続く旅
    過去へと向かう/繋がる旅


    哀しい別れと出遭った
    激しい恨みと出合った
    いつの頃からか自分が回す狂った歯車
    私に触れる歯車を破壊する哀しみ


    夢に終わりがない


    また彼女等に会いたいと思う
    会いたくないわけがない


    稀に主の夢を見る


    小さき勇者達は成長し
    仲間を作り 悪夢を終わらせる
    希望を紡ぐ



    嗚呼 彼女等に祝福あれ




    私はまた夢を見る

    今日は 温かい

    「 アナタを守れなくてゴメンなさい 」

    と誰かは言う

    「 アナタが背負う罪はワタシが背負って逝きましょう 」


    顔は思い出せない
    わずかに記録/記憶にある声と感触


    「 だから 未来を見なさい 」

    「 未来はアナタを待っている 」

    温かすぎて涙があふれた


    「 いきなさい 」

    と顔の見えない誰かが言う

    「 未来へいきなさい リインフォース 」

    「 アナタは過去にとらわれるためにいるんじゃない 」

    とん

    背中を押された
    遠くに光のつぶが見えた

    「 アナタは過去を未来へ繋げるためにいるの 」

    私の足は光に向かう
    振り向かない
    涙がこぼれたけれど振り向かない


    「 だから 」


    「 しっかり未来を生きなさい■■■■■■■
    ワタシの作った/生んだ自慢の娘よ 」


    もはや記録/記憶に残っていないその名前

    光に触れる

    覚えていないはずのあの人の得意げな笑顔が見えた気がした






    ……

    「――ィン!」


    「リインフォース!」

    「やった!成功です!!」

    「リイン!!」

    「リインフォース……!!リインフォース!!」


    ああ
    旅を続けていた私は もう一度 この声が聞きたかったのだ


    そして 私はまた涙を流した


    <完>

    ----------------------------------

    勝手にリインフォースアインスの生みの親を想像しています。
    「■■■■■■■」の部分は本来の名前ですが、公式にあるんですかね?
    まぁあったとしても思い出せないmy設定なので、伏字にしますが。
    リインフォース・アインスは真面目だから旅立っても罪を背負って苦しんでそうなんですよね、個人的に。
    なので、少しでもそれが軽くなったらなぁと。
    罪が、消えるわけではないけれど改めてこの世に戻ってくる時に気持ちが整理されてくれればな、と思うわけですよ。
    今までさんざん復活したとか言って好き勝って描いてきましたが……。
    リインフォース・アインスが旅立った日であるクリスマス。
    別れではなくまた別の意味で重要な一日になるように、リインフォースの復活は同じ日に。


    個人的にリインフォース・アインスの生みの親の姿ははやてに瓜二つだったとかっていう設定を希望。



    公式設定があったらゴメンなさい…………

    テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

    | トラックバック(0) | コメント(0)
  • 2007-12-25 (Tue) メリー・クリスマス
  • nfv2007mc



    ……
    …………
    ………………

    「ただいま……」

    ……

    「あれ、二人とも寝ちゃってる……?」

    何処かで優しい声が聞こえた。

    「ふふ、二人とも可愛い寝顔しちゃってるんだ……」

    その人にしてはちょっと悪戯っぽい静かな笑い声。
    そして

    ぷにっ

    「はぅ……?」

    頬をつつかれる。
    一瞬で目が覚めた。

    「ただいま、なのは」

    「……おかえり、フェイトちゃん」

    「遅くなってごめんね」

    「ううん。無事に帰ってきてくれて嬉しい」

    二人して微笑んだ。
    フェイトちゃんが後から抱きしめてくれている。
    制服が少しだけ冷たい。けど、それ以上にフェイトちゃんが温かくて、安心できた。

    「――幸せだね、なのは」

    「――うん。幸せだよフェイトちゃん」

    ヴィヴィオも居るしね。と二人で呟いた。

    「もっと幸せになろうね」

    「もっと幸せにしてあげる」

    どっちがどっちの言葉だったか。両方ともお互いの本心。
    レイジングハートとバルディッシュ、私とフェイトちゃん、二人のデヴァイスが小さく鳴った。

    『『日付が変わりました。25日です』』

    「――間に合ってよかったよ。なのは、メリークリスマス」

    「――うん。メリークリスマス、フェイトちゃん」





    「それじゃぁ、お姫様(ヴィヴィオ)を起こす?」

    「うん。少しだけ、家族でお祝いしようか。フェイトママの帰りをずっと待ってたから、起こさなかったら私が怒られちゃう」


    今年も一緒にクリスマスを迎えられた。
    一日一日がとっても大事。思い出が増えていく。だから、これからずっと続く、これからずっと増えていくこの思い出に参加させよう。
    そしてこの娘(ヴィヴィオ)の思い出にこれからも私達がいますように――――








    END
    --------------------------------------------
    バイトから帰ってきてから更新~の真犬です。
    バイト先でメリークリスマスを迎えてしまいました。
    イヴのと合わせて二つで一つ。
    しかしネタ被り必至のような気が(汗
    被ってたらごめんなさい、ほんとに
    ついでに、オフィシャルな設定が良く分からなかったので、管理局員の休暇制度とかいろいろ勝手に考えてます。違ったらごめんなさい
    でも、なのはとフェイトには幸せになって欲しいとです。そしてヴィヴィオも。

    みなさん、ホントにメリークリスマス!

    テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

    | トラックバック(0) | コメント(0)
  • 2007-12-24 (Mon) クリスマス・イヴ
  • 「フェイトママ、早く帰ってくるといいね……ヴィヴィオ」

    「うん……かえってきたら、いっしょにおかえりなさい言うの……」

    「そうだね…」

    頭を撫でる。サラサラの髪が指に気持ちいい。
    時間は遅い。いつもなら既にヴィヴィオを寝かしつけている時間になっている。
    ミッドチルダには地球独自の「クリスマス」なんていう行事はない。だから、休暇を取れるかは運任せだ。
    年末年始という時期的な概念はあるけど、年末だろうが年始だろうが、時空管理局員にとってはあまり関係がない。特に執務官になると、戦技教官よりも多忙を極めることが多い。
    教官職が主な私は休暇を取れたけど、フェイトちゃんはそうもいかなかったらしい。

    「ごめん、なのは。出来るだけ早く帰ってくるから」

    イヴの今朝からそう謝られた。
    毎年、この時期は一緒に過ごしているのに。それに、今年は新しい家族が増えたのに……。

    「すぅ……すぅ……」

    私の横でヴィヴィオが小さな寝息を立てていた。
    ヴィヴィオ用の毛布でくるんで、私の分の毛布もかけてあげる。
    室温を調節しようと思って、ソファーから立ち上が――

    「んむー……なのは…ままぁ……」

    ――立ち上がろうとするも、小さな手に袖を掴まれていた。
    柔らかい手、小さい手、力のない手。なのに、振りほどけない。振りほどきたくない。絶対に振りほどきたくない。
    そっと座りなおして、ヴィヴィオを抱き寄せる。

    「レイジングハート、室温を調節してもらえるかな」

    『わかりました』

    遠くで空調設備の電子音が鳴った。
    適温を選んで調節してくれている。

    「ごめんね、こんなことに使っちゃって」

    『問題ありません』

    「ありがと」

    長年付き合ってきた、家族といっても過言ではない存在の言葉。安心できた。
    自分でさらに身を寄せてくるヴィヴィオの温かさを感じつつ手近な所に置いていた絵本を手に取る。
    読んで聴かせるわけではなく、静かにページをめくっていく。

    「……フェイトちゃん、早く帰ってこないかな……」

    安心できるその場所で、私は想い人を待った。

    「……無事に…帰ってきてね……」

    テーマ:魔法少女リリカルなのはStrikerS - ジャンル:アニメ・コミック

    | トラックバック(1) | コメント(0)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。