• -------- (--) スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2009-08-13 (Thu) 手抜き更新
  • どーも~、手抜き更新で申し訳ありません真犬です。
    単刀直入に、イラストが描けません!
    ということで、創作意欲を向上させるためにいろいろ見ています。(方便
    あ、感想とかを書いていくのでネタバレが含まれるかもしれません。
    極力含まないつもりですが…。
    今回は感想とかそんなのですから見たくない人はすっ飛ばしてください。


    ***

    商品のリンク先はアマゾンの商品ページです。
    まず、古壱録様から借りたラノベ

    いつか天魔の黒ウサギ 1』著:鏡貴也 富士見ファンタジア文庫
    学園リバース・ファンタジー……というジャンルらしいです。
    ファンの人ゴメンなさい。
    先に言っておきます、あまりいいこと書きません。
    正直ちょっと残念でした。
    設定的には吸血鬼モノは嫌いではないのですが、物足りなかったです。
    話が二つの方向から進んでいくせいもあるのか、設定が若干消化不良な気がしました。
    一文一文のリズムや、話のテンポもあまり私に合いませんでした。
    まぁ、文章の読み方のリズムなんて人それぞれなので今回は私に合わなかったという事でしょう。
    伝勇伝も少しは読んだことがあるのですが…そっちはそんなことはなかったんですけどね。
    『いつか天魔の黒ウサギ』は2巻以降も出ているようですが…多分読まないかな。
    あまり面白いと感じられるものではありませんでした。
    残念。

    ハイスクールD×D 1~3』著:石踏一榮 富士見ファンタジア文庫
    エロいです。
    まぁ、エロいけど、エロ過ぎることはない。
    けどこれ大丈夫なのかなと思うくらいにはエロいですね。
    挿絵とか。
    2巻の挿絵とかは「お?」と思いました。
    最近はあれくらい普通なんでしょうか。
    3巻の修正前が読んでみたいです(笑
    まぁ全巻通して主人公がいい味出してます。
    素直(?)さが良い方向(?)に転がるお話ですね。
    「先輩の~~を吸う!!」と戦いで豪語できる素晴らしい主人公です。
    あとは主人公が最強なのがツボでした。
    主人公最強至上主義を持して恥じませんよ私は。
    まぁ、最強すぎると話としてつまらないので、丁度いいところを期待します(わがまま
    話のテンポもいいですしこれは素直に楽しみです。
    願わくばもっと強くなって欲しい。
    4巻が楽しみです。


    そしてこれまた友人(NICE BOAT)から借りたDVD

    機動戦士ガンダムⅠ/特別版
    機動戦士ガンダムII 哀・戦士編/特別版
    機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙/特別版
    まず初めて無印ガンダムをきちんと観ました。
    名言やらなんやら、「ああ、これのことか」と納得しつつ観てました。
    序盤より後半が面白かったです。
    貸してくれた友人に見ながらメールでいろいろ感想を送っていましたが、友人の言う「無印ガンダムは地味に強い」という意味が飲み込めました。
    兵器の差があるのかもしれませんが、ガンダムは堅い…。
    あとシャアがイケメンでした。
    しかも妹思いだし。
    ニュータイプは凄いなぁ……。
    種なんて目じゃない強さを誇ってますね。
    友人が種割れは一時、ニュータイプは常時という歴然とした差を言葉にしてくれたのが印象的でした。
    これが色んなものの原点か……という感じがしました。

    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
    上の三本を見終わった後にこれを観ろと言われたので、私でも耳にしたことのある「逆シャア」なるものを。
    感想を要約すると
    ・ガキうぜぇ(笑
    ・隕石を押し返すとか熱い!
    ・GN粒子なんて目じゃない比べ物にならない
    といった感じでしょうか。
    子どものわがままが目立ちました。
    私自身がガキなので同属嫌悪でしょうか(笑
    とりあえず駄々で人を殺せるのは凄いなぁと思いますが、現実社会ではそう珍しいことでなくなってきてるのが怖い話です。
    あとは、アクシズを止めるためにνガンダムが受け止めに行ったシーンは熱かったです。
    ああいう展開は好きですが…あの現象は謎なんですね。
    それに繋がる話ですが、サイコフレーム(?)って凄いですね。
    GN粒子もびっくりです。
    あのキラキラした蒼い粒子はGN粒子っぽいですが、威力というかそういうのが桁違いみたい。
    詳しい設定は知らないので、あくまで観たままの感想です。
    もしかしたら、比べる基準が違うとかそういうのかもしれませんが、あくまで個人の感想ということで許してください。


    個人的に借りてきたDVD

    ライムライト
    チャールズ・チャップリンの作品ですね。
    理多さん緒田マリさんの「ラジオのじかん」第5回目でチャップリンの話が出てきて以来少し気になっていたのです。
    あの時名前が出てきたのは「ライムライト」と「街の灯」でしたね、たしか。
    なのでとりあえず、今回は「ライムライト」を。
    チャップリンなら喜劇という勝手な先入観があったせいで、びっくりしました。
    作品の知識がなかったので、新鮮でした。
    新鮮といっても、話が話なので……笑うという話ではありませんでした。
    おおぉ…カルベロー(涙
    ちょっと初めての感覚でした。
    スポンサーサイト

    テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

    | トラックバック(0) | コメント(0)
    <<ミクと結婚しました! | ホーム | 徒然>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://sukimasyoka.blog121.fc2.com/tb.php/254-380bb146
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。